1. 黒ずみ@シロ先生
  2. 黒ずみクリームの成分
  3. ≫グリチルリチン酸ジカリウムが黒ずみに効くってホント!?

グリチルリチン酸ジカリウムが黒ずみに効くってホント!?


グリチルリチン酸ジカリウムが黒ずみに効くってホント!?の画像
グリチルリチン酸2Kは、漢方の原料の甘草の根に含まれる成分が黒ずみに有効と言われています。
ここでは、ニキビへの抗炎症作用や黒ずみクリームとしての働きについてまとめています。

グリチルリチン酸2Kの作用

高い抗炎症作用があり医薬品として、抗アレルギー薬、風邪薬、ニキビ薬として使われています。ニキビ自体を治す薬ではなく、ニキビの原因となっている肌の炎症を抑えてニキビの症状を緩和する作用があります。

副作用

医薬品として使われるということで、副作用もあります。

1日の摂取量が40mgを越えると、偽アルドステロン症という症状が起きる可能性があります。高ナトリウム血症、低カリウム血症という症状となって現れますが、医薬部外品の化粧品に配合されている場合には配合量が少ないので量を守って使う限りでは心配はいりません

薬事法(薬機法)でも100gあたり0.5%未満と配合量が定められていますので、日本国内で販売している化粧品ではまず問題はありません。

過剰摂取では副作用の心配もありますが、植物由来の成分で、敏感肌用化粧品にも使われている程です。肌がデリケートな人でも比較的安心して使える成分なのですね。

黒ずみのクリームにもこのグリチルリチン酸2Kが配合されていることが多いです。この成分自体に黒ずみを解消する直接的な効果はありませんが、どうして配合されているのでしょうか。

グリチルリチン酸2Kと黒ずみの関係

グリチルリチン酸2Kと黒ずみの関係の画像
まず、黒ずみの原因は大きく分けて2種類あり「摩擦」と「刺激」です。

肌の炎症が起きてかゆみが生じてこすること、ぴったりとした服を着ることで起きる摩擦や、密着している皮膚同士の摩擦、雑菌が繁殖して過剰に洗いすぎること、雑菌の繁殖で肌が炎症を起こすことなどは黒ずみの原因になります。

このような状態の肌では、皮膚を守ろうとしてメラニンが過剰に分泌してしまいます。過剰に分泌した肌はターンオーバーでもメラニンを排出できなくなり、肌の黒ずみとなってしまうのです。

グリチルリチン酸2Kの効果とは?

この黒ずみの原因を緩和するために、グリチルリチン酸2Kの抗炎症作用と抗菌作用が効果を発揮します。

摩擦や刺激から肌トラブルを起こしている場合、炎症と雑菌の繁殖を抑えることで肌の状態を改善します。

肌のコンディションが良くなくては黒ずみを美白する成分の効果も半減してしまいます。ですから黒ずみクリームには、黒ずみを解消する成分と、肌の炎症を抑えるグリチルリチン酸2Kが配合されていることが多いのですね。

グリチルリチン酸2Kが効きやすい黒ずみとは

グリチルリチン酸2Kが効きやすい黒ずみとはの画像
ではどのような部位の黒ずみに対して、グリチルリチン酸2Kは有効なのでしょうか。

このグリチルリチン酸2Kは、通気性が悪く雑菌の繁殖しやすい、摩擦刺激を受けやすい部位の黒ずみ改善をサポートしてくれる成分です。特に脇やデリケートゾーンの肌というのは、汗がよく分泌するにも関わらず一日中通気性が悪く雑菌も繁殖しやすい部位ですよね。またむだ毛も生えることから間違った自己処理を繰り返すことで、肌に傷をつけたり角質が分厚くなったりして黒ずんでしまうことも多い部位です。

まとめ

グリチルリチン酸2Kは、黒ずみを改善するためのサポート成分と考えて良いでしょう。黒ずみを解消する成分として最近注目されているのは、トラネキサム酸です。

効果が高く人気のある黒ずみクリームにはトラネキサム酸が配合されている場合が多いです。実際に色んな黒ずみクリームを試したところ、トラネキサム酸配合の商品は管理人も効果を実感することができました。

黒ずみの解消、ケアは医薬部外品で

市販の美白コスメより、認可された成分が入っている「医薬部外品」のクリームの方が効果を実感しやすいです。
シロ先生のイチオシは、湘南美容外科と共同開発した「ホスピピュア」!
黒ずみの解消クリームを並べた画像

全部使って比べたよ(*^^*)
黒ずみクリームおすすめランキング

どれを買えば良いか迷っている人は参考にどうぞ♡

シェアをお願いします。