1. 黒ずみ@シロ先生
  2. 黒ずみクリームの成分
  3. ≫ハイドロキノンは黒ずみに塗れる?要注意な部分をチェック!

ハイドロキノンは黒ずみに塗れる?要注意な部分をチェック!


ハイドロキノンについて説明するシロ先生
ハイドロキノンは黒ずみやシミに効果的な美白成分として人気ですが、デリケートゾーンへの使用は危険です!

シミを防止してくれる美白成分は多いですが、できてしまったシミを消してくれる美白成分はなかなかお目にかかれません。
なんとかしてシミを消したいと悩んでいる人は多いでしょう。そんなあなたにオススメしたい美白成分、それがハイドロキノンなのです。

しかしデリケートゾーンに塗るのはリスクが高いです。

ハイドロキノンは医療機関の処方箋が必要だった

ハイドロキノンはアルブチンの一種で、イチゴ、麦芽、コーヒーなどに含まれる天然にも存在する成分です。米国では古くから治療や美容に使われており、「シミ治療と言えばハイドロキノン」という位、有効な美白成分として有名です。

日本ではその管理の難しさから、医療機関のもと医師の処方箋なしでは使う事の出来ない薬でしたが、2001年の薬事法改正以降、市販の化粧品にも使用されるようになりました。

ハイドロキノンには還元作用という働きがあり、元々は写真の現像やゴムの酸化防止剤として利用されてきました。この還元作用は肌の美白ケアやシミ治療に大変有効で、酸化によって濃くなってしまったメラニン色素を還元し、薄くしてくれるのです。

一般的な美白成分の働きは、メラニン色素の生成を抑えると同時に、ターンオーバーを促進してメラニン色素の排出を促すものです。メラニン色素そのものに働きかけるわけではないので、シミが消えるかどうかは肌の新陳代謝にかかっていました。
メラニン色素そのものに働きかけるハイドロキノンの方が効果は確実で、それだけ強力な美白成分だと言われています。

ハイドロキノンの働き

そして、ハイドロキノンの働きはメラニン色素を漂白するだけではありません。
ハイドロキノンはメラニンを形成する細胞「メラノサイト」の中にある、メラニン色素の生成の原因となる「チロシナーゼ」という酵素の働きを抑制してくれます。

これによってメラニン色素の生成量が減少し、紫外線を浴びても色素沈着してしまうことがなくなります。すでにできたシミを除去するだけではなく、新たなシミもできなくしてくれるというわけです。

ただ、メラニン色素は紫外線をはじめとする肌への刺激を吸収する働きを持っています。このメラニン色素の生成量が減ってしまうということは、紫外線などのダメージが強くなり、肌が炎症を起こしやすくなってしまうことでもあるのです。

朝や日中にハイドロキノンを使用するときは、紫外線のダメージを和らげるため、必ず日焼け止めと一緒に使用するようにしましょう。長時間外にいる時などは朝の使用は避け、夜に使用してください。

また、人によっては肌がかぶれてしまうこともありますので、敏感肌の人は事前にパッチテストを行っておくのもいいかもしれませんね。

濃いシミならハイドロキノン

使用に当たってのリスクが皆無とはいえませんが、それでもハイドロキノンが極めて優れた美白成分であることに変わりはありません。濃いシミが気になっている人は、肌の様子を見ながらスキンケアに取り入れてみてください。

ハイドロキノンはいろいろな濃度のものが販売されていますので、即効性を期待している人は4%前後の濃度の高い製品、肌がデリケートで不安があるという人は1%前後の濃度が低い製品を使用してみるのがいいのではないでしょうか。

ハイドロキノンとともにビタミンA誘導体「トレチノイン」を併用すると、黒ずみケアにより効果的です。

ハイドロキノンのデメリット

ビタミンC誘導体やコウジ酸などの美白成分と比べ、約100倍の美白効果があると言われてるハイドロキノン。
美白やシミ撃退を望む人にとってとても魅力的ですが、成分が強力なぶん肌への刺激が強く、使い方や使う場所によっては大きな負担がかかってしまいます。

乳首や女性器回りのデリケートゾーンに塗るにはリスクが高く、あまりお勧めできません。肌がボロボロになってしまっては美白どころではありません。
顔の濃いシミや、かかとの黒ずみなどにポイント使いするには良いですが、デリケートな部分には塗らないようにしましょう。
どうしてもという場合は皮膚科の医師の相談のもと、濃度調整などをして慎重に使用する必要があります。

くすんでしまった乳首やVゾーンなど、デリケートゾーンの黒ずみに使用するなら、ハイドロキノンよりも低刺激で比較的副作用の少ないトラネキサム酸の方がいいでしょう。

トラネキサム酸の黒ずみクリームはチェックしておく価値ありますよ。

黒ずみの解消、ケアは医薬部外品で

市販の美白コスメより、認可された成分が入っている「医薬部外品」のクリームの方が効果を実感しやすいです。
シロ先生のイチオシは、湘南美容外科と共同開発した「ホスピピュア」!
黒ずみの解消クリームを並べた画像

全部使って比べたよ(*^^*)
黒ずみクリームおすすめランキング

どれを買えば良いか迷っている人は参考にどうぞ♡

\シェアはこちら♪/