1. 黒ずみ@シロ先生
  2. 黒ずみの知識
  3. ≫黒ずみを解消したいなら【失敗しない下着の選び方】

黒ずみを解消したいなら【失敗しない下着の選び方】


黒ずみを作りたくないなら【失敗しない下着の選び方】の画像
黒ずみを解消したいなら、ケアだけでなく下着の選び方にも気を付けましょう。

肌は刺激を受けるとメラニンを生成して肌を保護します。黒ずみの原因になるのでメラニンは悪者のイメージがありますが、肌を守る大切な役割があるのです。ターンオーバーが整って入ればメラニンが排泄されて、黒ずみにはならないのですが、常に刺激を受けていたり、ターンオーバーが乱れていると黒ずみが残ります。

太もものつけ根は下着の締め付けや摩擦によってメラニンの生成が促されやすい部位です。ピッタリしたジーンズをはいていると、さらに締め付けが強くなって黒ずみができやすくなります。普段気にすることは少ないですが、水着を着たときに気がつく方もいるかもしれません。

かぶれもデリケートゾーンの黒ずみの原因になります。デリケートゾーンはもともとムレやすい部位ですが、ムレやすい下着をはいているとムレがひどくなってかゆみがでます。かゆみを我慢できるずにかいてしまうと、かいた刺激によってメラニンの生成が促されます。デリケートゾーンがムレることで雑菌が繁殖し、雑菌による炎症でメラニンの生成が促されることもあります。おりもや尿に含まれるタンパク質などよって雑菌はさらに繁殖しやすくなります。

デリケートゾーンの黒ずみを防ぐ下着の選び方

デリケートゾーンの黒ずみを防ぐ下着の選び方の画像

  • ゴムや縫い目が無い
  • サイズを確認
  • 通気性が良い

解説

太もものつけ根に黒ずみを作らないために、締め付け感がない下着を選びましょう。肌が弱い方は刺激によって黒ずみができやすいので、股部分に締め付け感があるゴムが入っていないものを選びます。パンツのわきの部分に縫い目がないタイプだとなおよいです。

サイズが小さい下着は締め付け感が強いので、サイズ選びに気をつけてください。下着はメーカーによって若干のサイズの違いがあるので、試着をしてあっているか確かめます。サイズがあっているのかわからないときは、フィッターさんに相談をしましょう。面倒に感じるかもしれませんが、黒ずみを防ぐためには大切なポイントです。

ムレを防ぐために通気性がよい素材を選びましょう。化繊は吸水性が悪くムレやすいので、綿100%など天然素材がおすすめです。天然素材は肌が弱い方への刺激が少なく、素材によるかぶれが起きにくいです。オーガニックコットンなら、さらに肌に優しいです。

常に清潔にすることが大切

自分にあった下着を選ぶことも大切ですが、きちんと綺麗に洗濯することも忘れないようにしましょう。

型崩れを防ぐためにネットに入れて洗ったり、きちんと乾ききってからしまうことなども大切なことのうちの一つです。日々の心がけひとつで下着も長持ちしますし、毎日清潔に過ごすことができます。

またお気に入りの下着はずっと使っていたいなと思うこともありますが、型崩れや汚れが気になってきたら新しいものに買い替えましょうね。

オシャレな下着もたまにはOK♡

そうはいってもおしゃれな下着を身につけたいこともありますよね。おしゃれな下着を身につけたい方は、家にいるときは天然素材の下着をはくようにしましょうね。

まとめ

まとめの画像
下着選びに気をつけることでデリケートゾーンの黒ずみをある程度防ぐことができますが、ホルモンバランスの影響で黒ずみができてしまうことがあります。できてしまった黒ずみは、デリケートゾーンに塗っても刺激の少ないタイプの黒ずみクリームを使用するとよいでしょう。

黒ずみの説明をするシロ先生特に医薬部外品なら市販の美白コスメより効果も実感しやすいと思います。毎日クリームを塗ることは根気がいりますが、続けることで黒ずみの解消が期待できますよ。

黒ずみの解消、ケアは医薬部外品で

市販の美白コスメより、認可された成分が入っている「医薬部外品」のクリームの方が効果を実感しやすいです。
シロ先生のイチオシは、湘南美容外科と共同開発した「ホスピピュア」!
黒ずみの解消クリームを並べた画像

全部使って比べたよ(*^^*)
黒ずみクリームおすすめランキング

どれを買えば良いか迷っている人は参考にどうぞ♡

シェアをお願いします。