1. 黒ずみ@シロ先生
  2. お悩み別黒ずみ解消法
  3. ≫デリケートゾーンの黒ずみ【何歳から?】解消の方法と原因

デリケートゾーンの黒ずみ【何歳から?】解消の方法と原因


デリケートゾーンの黒ずみに悩む女性2人
人にはなかなか相談しにくいデリケートゾーンの黒ずみ。いったい何歳から黒くなるのでしょうか?

デリケートゾーンの悩みは、友人であっても相談しにくいものです。
美容皮膚科はお金がかかるし、例えお医者さんでもデリケートゾーンを見られるのは恥ずかしい…でもどうやってケアすればいいのか分からない…と悩んでいるうちに黒ずみが酷くなってしまった、なんて事も。

デリケートゾーンが黒ずんでしまっていると、ヒドイ彼氏だった場合「この女はこれまで散々男と遊んでいたんだな」なんて勘違いをされてしまう事も少なくありません。
男性経験が無くてもデリケートゾーンが黒ずんでいる女性はたくさんいますし、加齢によって黒ずむものでもありません。

そう、年齢は関係ないのです。

では黒ずみは一体どうして出来てしまうのでしょう。デリケートゾーンの黒ずみには様々な種類と原因があります。

デリケートゾーンの黒ずみの種類

デリケートゾーンの黒ずみは、大きく分けて3つの部位に分けられます。

Iラインの黒ずみ

まず1つめは所謂Iラインと呼ばれる女性器周りの部分。先ほど書いた通り、彼氏に屈辱的な勘違いをされてしまう可能性のある部分です。

Iラインの黒ずみは、恐らくデリケートゾーンの中で最も「どうしたら良いか分からない」部位だと思います。皮膚も薄く柔らかいので刺激に弱く、下着や生理用ナプキンの摩擦、蒸れによってメラニンが蓄積しやすい場所です。

また、月経による経血の汚れやおりもの、皮脂などのニオイが気になる…という人も多いでしょう。その為石鹸を使って強く擦るなどして、頻繁に洗ってしまう場所でもあります。
Iラインを必要以上に石鹸で洗ってしまうと、粘膜の常在菌(自浄作用があり、肌を守る働きをする菌)まで落としてしまい、デリケートゾーンの黒ずみ、ニオイはかえって酷くなってしまいます。

洗う時は弱酸性の石鹸を使用し、良く泡立ててから優しく付けて2分間くらい泡パックをし、その後擦らず洗い流して下さい。

最近ではデリケートゾーンに塗れる黒ずみ用のクリームも販売されているので、それらを使用してしっかりケアすることが、黒ずみ解消の糸口になるでしょう。

お尻の黒ずみ

Iライン同様皮膚がとても薄く、刺激に弱い場所です。下着などのちょっとした摩擦や蒸れでも大きな刺激になってしまい、黒ずみを進行させてしまいます。
下着を選ぶ際は、なるべくきつめのものは避け、肌に優しい天然素材のものを選ぶといいでしょう。

そのほかに、事務仕事など長時間椅子に座る生活でお尻が圧迫され黒ずみやざらつきの原因になる事も。低反発クッションやドーナツクッションなどを敷いて圧迫を軽減させましょう。

股ずれ、Vラインの黒ずみ

そして3つめは、脱毛に苦慮する人も多い鼠径部の部分。所謂Vラインと言われる場所です。

この部分は脇などのムダ毛処理によって黒ずむ原因と同じく、脱毛の際のカミソリ負けや頻繁なムダ毛処理により、肌が強い刺激を感知し、次第に黒くなってしまう……というのが大半です。

このVラインの黒ずみを防ぐには脱毛後の充分な保湿が必要です。美白成分の他にセラミドやヒアルロン酸など、保湿力に優れた成分が配合されたクリームを使いましょう。

最近はミュゼで100円でVラインの脱毛ができることもあり、脱毛サロンへ通う子も多いですが、脱毛後の数日間は以下の3ポイントを忘れないで下さいね。

  • 保湿をしっかりする
  • 清潔に保つ
  • 黒ずみクリームを塗る

このような基本的なアフターケアを怠らないことで、Vラインの黒ずみも解消に向かっていきます。

また、ぽっちゃり体型の女の子は股ずれが黒ずみの原因になる事も。股ずれを繰り返す事によって皮膚が固くなりメラニン色素を過剰に生成し、深刻な色素沈着を招いてしまうのです。

対策としては、レギンスやタイツを履いて肌同士が直接触れないようにしましょう。汗をかきやすい夏場は特に気を付けて、速乾性、通気性のいいものを着用してください。
股ずれ専用のクリームも販売されているので、是非ケアに取り入れましょう。

※炎症が酷い、長く続く場合、アトピー性皮膚炎の方は必ず皮膚科へ診察に行ってください。

まとめ

デリケートゾーンの黒ずみを解消するには根気よくケアを続ける事、毎日の積み重ねが大切です。

1度黒ずんでしまった箇所は、元の綺麗な状態に戻るまでに長い時間がかかります。こればかりは人間の自然な治癒速度に期待するしかありません。

焦りは禁物。生活習慣の改善や美白クリームを使った継続的なケアで元の綺麗なデリケートゾーンを取り戻しましょう。

黒ずみの解消、ケアは医薬部外品で

市販の美白コスメより、認可された成分が入っている「医薬部外品」のクリームの方が効果を実感しやすいです。
シロ先生のイチオシは、湘南美容外科と共同開発した「ホスピピュア」!
黒ずみの解消クリームを並べた画像

全部使って比べたよ(*^^*)
黒ずみクリームおすすめランキング

どれを買えば良いか迷っている人は参考にどうぞ♡

シェアをお願いします。