1. 黒ずみ@シロ先生
  2. 黒ずみの解消法【部位別】
  3. ≫肘の黒ずみはクリームを塗って解消!肌見せしちゃおう

肘の黒ずみはクリームを塗って解消!肌見せしちゃおう


肘に黒ずみクリームを塗り、乾かしている女性
肘の黒ずみはクリームでしっとり美白ケア。夏は肌見せで女子力アップさせて。

ひじは意外とあまりケアを行わない人が多い部分ですが、実は周りからはしっかりとチェックされていて、黒ずんでいると恥ずかしいところなのです。固くゴワゴワとした、まるで「ゾウの足」みたいなお肌になっていたら大変。自分では見えにくいところまできちんとスキンケアをしておくことは、キレイな女性の身だしなみですよ。「分かっているけど上手にケアできない!」という人も、正しいスキンケア方法を覚えてツルンとしたキレイなお肌を目指しましょうね。

関節がある部分が黒っぽくなってしまうということは、結構よくあることで、多くの人がケアに悩まされています。関節で曲げた外側が黒ずんでしまう原因は、「摩擦」と「曲げ伸ばしによる肌の伸び縮み」です。この二つのことが原因で、乾燥したり、角質が硬くなったりすることで、黒ずみやすい部分なのです。

摩擦が起こる原因には、衣類や日頃の行動が関係しています。洋服を着ている時の衣擦れは普段意識しない程度の弱いものですが、これが度重なると意外とダメージが蓄積してしまうものなのです。それに加えて、日常生活で何気なくやっている行動が摩擦を与えていることもあります。机の上で頬杖をついたりすることは誰でもあるでしょう。実はあれも固い机に肌を擦ったり、圧迫することでダメージを与えていたのです。

また、関節だから当然ですが、曲げたり伸ばしたりの繰り返しも気がつかないうちに毎日たくさんやっていますね。これは仕方のないことですが、その度に皮膚が引っ張られたり縮んだりして負担がかかってしまいます。顔のスキンケアでも強く肌を引っ張ってはいけません、と言われますが、体中どこの皮膚でも同じことが言えるのです。

大事なお肌は毎日絶え間なく刺激を受けているようです。そんなお肌をケアしてあげて、黒ずみをキレイにしてあげましょう。負担を受けてしまうのは仕方ないことですが、ちゃんとケアをしてあげればその分を取り戻すことができるでしょう。

肘の黒ずみの対策

1.皮膚を柔らかくする

硬くなった皮膚を柔らかくして、ケアをしやすくしましょう。黒ずんだ部分には分厚い角質が溜まってゴワゴワとしています。まずは、お風呂で温まって柔らかくすることが必要です。ゴワつきが気になっても、ここでゴシゴシ擦るのはNGです。

2.角質を除去する

柔らかくなった角質を優しく除去します。スクラブやピーリング剤を使って丁寧に行いましょう。丈夫そうに見えるお肌でも、それは古い角質で固くなっているだけです。強い力を使わないで優しくクルクルとなでるようにしましょう。また、スクラブやピーリングは毎日使うものではありません。強い刺激のものは1週間から1ヶ月に1度程度として、優しいものでも週に何回かの定期的なケアにとどめましょう。

3.肘の黒ずみクリームを浸透させる

角質ケアを行ったお肌は、柔らかくなって美容成分の浸透も良くなっています。このタイミングで欲しい美容成分を塗布するとお肌の奥までしっかりと成分を届けることが出来るでしょう。塗る時もゴシゴシは厳禁。優しくいたわるように塗ってあげるのがポイントです。

お肌の黒ずみは正しい方法でケアしてあげるとより良い効果が期待できます。洗ったりクリームを塗る時は「キレイにな~れ」という気持ちで優しく行いましょう。お肌もそんな気持ちに答えてキレイになってくれるでしょう。クリームの成分としては「トラネキサム酸」入りのものがより効果的です。

\シェアはこちら♪/